じたばた-JITABATA-

27年勤めた会社からの脱出は成功するのか。じたばたしながら新しい自分を見出したい。

やや、ややこしい孫のゆうちゃん

Outlookでメールするときに、社内の人にはアイコンが表示される。そのアイコン画像はほとんどの人は空白のままだが、私は孫のゆうちゃんの写真を入れている。

 

半年ごとに新しく替えるようにしている。時には「お孫さん、かわいいですね」の一文が返ってくる。

 

かわいいのはわかっているので改めて言われなくてもいいが、そこでコミュニケーションが生まれるのでこの取り組みは続けていこうと思っている。

 

孫バカです、といつも返すのだが、それも本当だ。毎日アプリで保育園の連絡帳も閲覧している。

 

ゆうちゃんの性格が少しずつわかってくる。怒りっぽく、協調性が無いところがある。それでいて物事にこだわりを持っているのが伝わってくる。

 

例えば、大好きな踏切の遮断機は、下がるときはカンカンというが、上がるときは音がしない、と先生に指導を入れている。3歳5ヵ月でそれは神童だと思ったが、

 

後日のエピソードでは、好きな子と手を繋げないと怒って公園まで歩かないとか、ネガティブな内容もあり、毎日ハラハラして読んでいる。

 

30年前、子供のことをここまで深く見ていたかな、と反省しつつ。ちょっと細かく見すぎじゃない?とも思う。

 

ともあれ、孫のゆうちゃんは、かわいいだけじゃない、ややこしいところもあるおもしろい子供である。

 

うちの子おもしろいなあ~と娘夫婦が思っていてくれたらいいな。